【受験勉強は無駄じゃない】受験で学べる人生で役立つポイントは!?

受験勉強は無駄じゃない



こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

実は国立大学の工学部を卒業しているyuzuですが、
先日高校2年生の子どもがいる親戚のおじさんに、

yuzuは受験勉強ってどうやってたの!?

と聞かれることがありました。
その時は具体的にいつからどんな勉強をしていたという話をしたんですが、改めて頭の整理をしてみると、現在の生活でもいきている事がありました。

受験勉強なんて実際の世の中じゃ使わないよと言われる事が多いですが、実際に今の仕事やプライベートでも身になっている事があるので、yuzuの受験勉強の取り組み方も踏まえて紹介したいと思います。

経歴紹介(yuzu)

受験勉強のお話をする前に、yuzuの経歴を紹介したいと思います。

  • 地方の公立小学校、中学校を卒業
  • 高校受験に失敗し、私立高校入学(偏差値50台中盤)
  • 高校3年夏より受験勉強を開始し、東京の私立大学(偏差値70台)/関西の国立大学(偏差値60台中盤)に合格
  • 国立大学に進学し同大学の大学院を卒業
  • 現在に至る(直近はこちら)

現在の高校の偏差値が思ったより高くてビックリ(。・ω・。)笑

まぁあるあるな感じですが、高校受験に失敗し、やる気をなくし高校にはいってからは、勉強にも身が入らずぐだぐたしていた高校3年生の夏から紹介します。

序章:高校三年の夏

夏休み
夏休み突入

特に目標もないまま、普通の高校生活を過ごしていた高校3年の1学期。
夏休み直前の7月、以前受けた模試の結果が返ってきました。

結果は正当率40%

正直勉強してないし、それまでと同じ結果なので、なにも感じず上の空でした。

受験生は夏が勝負だといわれるもののyuzuの耳には届かず、夏期講習に参加する友人も今したが、興味がなく、気づいたら夏休みにそのまま突入しました。

今では考えられない1か月長の夏休み
特に勉強するでもなく、友達と遊んだりだらだら生活をしてました。

今思うと受験生の息子に勉強しろといわなかった
両親はすごいなーとおもいます!笑


そんなある日、カラオケに行った帰りに、中学校の同級生と再会しました。
彼とは、当時は仲良く遊んでいたものの、高校が別れてからは自然と疎遠になっていました。

昔ばなしに花を咲かせながら、近況のはなしをすると、彼は

いま、絵の勉強をしてて、美大に行こうと思う!

と打ち明けてくれました。
彼は元々絵が好きだったものの、中学・高校は運動部で、まさかそのような道を選ぶとは想像外でした。

彼は熱く、夢を語ってくれ、話を聞いてるうちに

おれはなにをしてるんだろ!?

と情けなくなりました。

同世代の友人は、目標を持ち、目標に向かって必死に頑張っている。
おれは目標もなくただ、だらだら過ごしている。

yuzuの目からは彼がものすごく輝いているように見え、俺もあーいうふうになりたいとおもい、やる気スイッチがはいりました。


友人と出会ってからは

センター試験で9割をとり、国立大学に入学する

を、目標にそれまでの遅れを取り返すべく、がむしゃらに勉強を始めました。

yuzuは受験勉強をするにあたって、3点のことを意識しました。

受験勉強で意識すること(目標設定)

目標設定

よく学校の先生から

志望校を早く決めなさい

と言われませんでしたか!?
これは目標を持つ事で、ゴールに対していつまでに何をしなければ行けないかを明確にアクションを整理する事ができます。

当時yuzuは明確にこの大学にいきたいという目標がなかったため

センター試験で9割をとり、国立大学に入学する

を目標として、センター試験で9割取るためには何をしなければいけないのかを明確にし、そのためにやらなければいけないことを全て洗い出しました。

受験は受験校によって受験科目が違ったり、目標とする点数が異なるため、可能な限り、目標校を設定することをおすすめします (@ ̄ρ ̄@)



受験勉強で意識すること(スケジュール管理の徹底)

スケジュール

目標を設定し、何をしなければいけないのかアクションを洗い出したため、次にやるべき事がスケジュール設定です。

センター試験/本試験までに、各試験科目に対して、いつまでに何を勉強しなければいけないのか、各月単位でスケジュールだてしました。

次に、直近の一ヶ月に対して、各週、各日ごとになにをするか明確にし、毎週自分の進捗に合わせて、次の週のやることを変更しました。

これは

  • 何をしなければいけないのか明確になり、頭の整理ができる
  • 受験の漠然とした不安やストレスを避けることできる

といった相乗効果があり、今日の目標までは終わったからもう大丈夫だと自分自身の自信や心の落ち着きにつながります。

受験勉強で意識すること(効率の良い時間の使い方)

効率の良い時間の使い方

yuzuは勉強時間を4つに分けて時間帯ごとに勉強内容を変えていました。

9時〜12時数学
13時〜16時物理/化学
17時〜19時英語
20時〜23時世界史/国語


  • 午前中は頭がスッキリしており、最も勉強がはかどる時間です。
    数学が好きなこともあり、集中して問題を解いていました。
  • 昼食後は受験の大敵「睡魔」がきます。
    暗記科目や苦手科目(yuzuは英語/国語)は避け、頭と手を動かす科目を解きました。
  • 昼寝をはさみ、集中力が高まる夕方には、特に点数を高めたい科目を解きました。yuzuの場合は英語でした。
  • 夕食後は、暗記系の科目を解きました。これは人は睡眠直前に覚えたものを記憶に定着しやすいからです。

このように時間を4分割し、効率よく勉強を実施しました。

本論:受験編

受験

夏休み以降も、自分で決めたルールに従って勉強を続けました。

スイッチが入ると結構頑張れるタイプです♪(´ε`)

勉強時間に比例して、模試の結果も良くなり、9月から12月の間には、各月に正答率が10%以上あがり続け、12月の模試結果は正答率90%ほどになっていました。

この頃は、わからない事がわかるようになっていくうちに、勉強が楽しくなってきました( ´∀`)

センター試験で9割とるという目標は達成できませんでしたが、8割後半を獲得でき、無事に国立大学に入学するという目標は達成する事ができました。

点数が右肩上がりで上がっていたので、100%近く取れるんじゃないかっとかなり甘く考えていました (@ ̄ρ ̄@)笑



終章:受験勉強で学んだこと

受験勉強で学んだ事

受験勉強を通して学び、現在の生活でも役に立っていることは

  • やる気スイッチの入れ方
  • 何かを達成したいときは、目標設定、スケジュール管理、効率の良い時間の使い方を徹底すること

を学び、現在の生活においても意識しています。

これは受験勉強だけでなく、人生において有効なものです。

受験勉強で勉強した内容が今活きているかというと、正直、、、なところがありますが、何かを成し遂げたい事があるときは、意識せず「目標設定」「スケジュール管理」「効率の良い時間の使い方」できるようになっており、自分の糧になってます。

まとめ

死ぬときに後悔することを聞くと、もっと勉強すればよかったという声が以外にも多く上がります。実際にあのときもっとちゃんと勉強すればよかったなという機会ありますよね。

高校や大学受験は人生において集中して勉強をするタイミングだと思います。

正直あんなに集中して勉強したのは、後にも先にも受験勉強をした高校3年です。この経験で学んだことが今でもいきているとともに、あれだけ頑張ったんだという心の支えにもなっています。

是非、無駄だとは思わず、挑戦をしてみてください。