都道府県別のプロ野球選手ベストナインをまとめてみた(大阪府編)



こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

野球の世界では東の神奈川、西の大阪という言葉がありますが、実際のところどうなのかみていきたいと思います。

簡単にですが、ルールを定めながらベストナインを選出したいと思います。

ルールはこちら

  • 私(1988年生まれ)がプロ野球選手として活躍していたことをみている
  • ポジションは試合において実際に守ったことがある

このルールに沿って、選手を選んでいきたいと思います。

このルールがないと、王さんや長嶋さん、野村さんなど伝説的な選手が多くいるものの正しく評価ができないため、なくなくこのようなルールで選んでいきたいと思います。

大阪府出身のベストナイン

これは他県を圧倒する素晴らしいメンバーが揃いました。

1番は私世代の遊撃手といえば、走攻守揃った選手といえばの代表である松井が入り、2番にはオリックスでの活躍のイメージが強く小柄ながらもシャープなバッティングのです。

3番には現役選手を代表して、現在楽天にいる浅村が入り、4番には野球を知っているひとなら誰でも知っている清原です。

5番には現役最多HRを放っているおかわり君こと中村が入り、6番には横浜で活躍した金城が入ります。

7番にはマシンガン打線時代の選手である佐伯が入り、8番には現代の打てる捕手であるです。

現役選手も引退選手もどちらも伝説的な選手ばかりがラインナップされています。

このチームのエースはメジャーリーガーで現在サイヤング賞の有力候補でもあるダルビッシュが入るという最強の布陣が出来上がりました。

さすが西の大阪という球界を代表するメンバーが集まりました。

松井 稼頭央のプロフィール

わたし世代のトリプルスリーといえば松井 稼頭央です。

走攻守揃っており、極めてバランスの取れた選手で誰もが憧れた選手だと思います。

メジャーリーグにも挑戦し、内野手として活躍できたのは松井ぐらいです。
※わたしとしては松井ですらメジャーではセカンドを守らさせるという事実にメジャーリーグとは凄いところだと驚愕しました、、、。

出身大阪府東大阪市
生年月日1975年10月23日
経歴PL学園高等学校
西武ライオンズ (1994 – 2003)
ニューヨーク・メッツ (2004 – 2006)
コロラド・ロッキーズ (2006 – 2007)
ヒューストン・アストロズ (2008 – 2010)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2011 – 2017)
埼玉西武ライオンズ (2018)
プロ入り1993年 ドラフト3位
投球投打右投げ両打ち
ポジション遊撃 / 二塁 / 三塁 / 外野
タイトル盗塁王:3回(1997年 – 1999年)
最多安打:2回(1999年 / 2002年)
ベストナイン:7回(1997年 – 2003年)
GG:4回(1997年 – 1998年 / 2002年 – 2003年)


日米通算成績はこちらです。

  • 通算安打:2,705
  • 通算HR:233
  • 通算打点:1,048
  • 通算盗塁:465
  • 通算打率:0.285

日米通算で2,700本以上の安打は大変素晴らしい記録で、日本だけでも2,000本安打を記録しています。

盗塁数も日本だけでも363盗塁と歴代14位の記録で、どれだけずば抜けた成績を納めているのか一目瞭然です。

谷 佳知のプロフィール

オリックスと巨人で活躍した谷 佳知です。

シャープなバッティングで三振が少なく、守備も鉄壁です。
大木監督時代のオリックスでは後のメジャーリーガーであるイチローや田口とともに鉄壁の外野陣を形成していました。

出身大阪府東大阪市
生年月日1973年2月9日
経歴尽誠学園高等学校
大阪商業大学
三菱自動車岡崎
オリックス・ブルーウェーブ オリックス・バファローズ (1997 – 2006)
読売ジャイアンツ (2007 – 2013)
オリックス・バファローズ (2014 – 2015)
プロ入り1996年 ドラフト2位
投球投打右投げ右打ち
ポジション外野 / 一塁
タイトル盗塁王:1回(2002年)
最多安打:1回(2003年)
ベストナイン:5回(1999年 / 2001年 – 2004年)
GG:4回(2001年 – 2004年)


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:1,928
  • 通算HR:133
  • 通算打点:741
  • 通算盗塁:167
  • 通算打率:0.297

通算安打は惜しくも2,000本には到達しませんでした、1,900本以上の安打を重ねて通算打率も3割近くと素晴らしい記録を残しています。

浅村 栄斗のプロフィール

圧倒的な打撃力はもちろんのこと守備も上手な選手である浅村 栄斗です。

若くしてタイトルも獲得し、プレミア12にも出場しているのでまだ若い現役選手ですが、多くの方が活躍を知っているのではないでしょうか。

7連続で2桁HRを放っており、一発力のある打撃は大変魅力的です。

出身大阪府大阪市東淀川区
生年月日1990年11月12日
経歴大阪桐蔭高等学校
埼玉西武ライオンズ (2009 – 2018)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2019 – )
プロ入り2008年 ドラフト3位
投球投打右投げ右打ち
ポジション二塁 / 一塁
タイトル打点王:2回(2013年 / 2018年)
ベストナイン:5回(2013年 / 2016年 – 2019年)
GG:2回(2013年 / 2019年)


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:1,317
  • 通算HR:180
  • 通算打点:737
  • 通算盗塁:69
  • 通算打率:0.285

まだまだ若い選手なのでこれから記録は伸びていきますが、既に安打数は1,300を超え、HRも180を超えているのはさすがとしか言いようがないですね。

清原 和博のプロフィール

この選手を知らない人はいないでしょう、清原 和博です。

わたしの印象は巨人で長嶋監督の元、活躍をしていた時が印象に残っていますが、記録的には西武時代ではないでしょうか。

高卒1年目で31本のHRや21年連続2桁HRなど、今後このような選手は出てこないと思います。

出身大阪府岸和田
生年月日1967年8月18日
経歴PL学園高等学校
西武ライオンズ (1986 – 1996)
読売ジャイアンツ (1997 – 2005)
オリックス・バファローズ (2006 – 2008)
プロ入り1985年 ドラフト1位
投球投打右投げ右打ち
ポジション一塁 / 三塁
タイトル最高出塁率:2回(1990年 / 1992年)
ベストナイン:3回(1998年 / 1990年 / 1992年)
GG:5回(1998年 / 1990年 / 1992年 – 1994年)


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:2,122
  • 通算HR:525
  • 通算打点:1,530
  • 通算盗塁:59
  • 通算打率:0.272

通算安打は歴代28位、通算HRは歴代5位、通算打点は歴代6位と平成の伝説的プレイヤーです。
打撃タイトルの獲得こそありませんが、通算でこの成績を残せる選手は今後なかなか現れないでしょう。

中村 剛也のプロフィール

おかわりくんの愛称で愛されている中村 剛也は6度の本塁打王や4度の打点王など輝かしいタイトルも獲得しています。

HRバッターにしては身長は低い(175cm)ものの、野球史に残るスラッガーです。

出身大阪府大東市
生年月日1983年8月15日
経歴大阪桐蔭高等学校
西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ (2002 – )
プロ入り2001年 ドラフト2位
投球投打右投げ右打ち
ポジション三塁 / 一塁
タイトル本塁打王:6回(2008年 – 2009年 / 2011年 – 2012年 / 2014年 – 2015年)
打点王:4回(2009年 / 2011年 / 2015年 / 2019年)
ベストナイン:7回(2008年 – 2009年 / 2011年 – 2012年 / 2014年 – 2015年、2019年)


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:1,467
  • 通算HR:415
  • 通算打点:1,166
  • 通算盗塁:26
  • 通算打率:0.256

通算HRは歴代16位で現役選手としては1番です。
まだまだバリバリ活躍を続けており、怪我がなければこれからも数字は伸びていくでしょう。

金城 龍彦のプロフィール

新人王&首位打者を獲得したベイスターズ時代の活躍が脳裏に残っているのが、金城 龍彦です。

元々投手として入団したこともあり、入団当初は150km近い速球を投げていたという逸話もあり、強肩の持ち主です。

出身大阪府大阪市東成区
生年月日1976年7月27日
経歴近畿大学附属高等学校
住友金属
横浜ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ (1999 – 2014)
読売ジャイアンツ (2015)
プロ入り1988年 ドラフト5位
投球投打右投げ両打ち
ポジション外野 / 三塁
タイトル首位打者:1回(2000年)
新人王:1回(2000年)
GG:2回(2005年 / 2007年)


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:1,648
  • 通算HR:104
  • 通算打点:592
  • 通算盗塁:40
  • 通算打率:0.278

シーズン191安打を記録するなど安打製造機としてイメージが多くの方にあると思いますが、通算でも1,600本以上の安打を放っています。

佐伯 貴弘のプロフィール

横浜のマシンガン打線の一角をになっていた佐伯 貴弘です。

大柄の体格(186cm)を生かしたバッティングで8回の2桁HRを記録しているほどパンチ力を持っています。

出身大阪府大阪市東成区
生年月日1970年4月18日
経歴尽誠学園高等学校
大阪商業大学
横浜ベイスターズ (1993 – 2010)
中日ドラゴンズ (2011)
プロ入り1992年 ドラフト2位
投球投打左投げ左打ち
ポジション外野 / 一塁
タイトルなし


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:1,597
  • 通算HR:156
  • 通算打点:795
  • 通算盗塁:42
  • 通算打率:0.277

パンチ力があるイメージ通り、通算150本以上のHRを打っています。
また通算打率も2割7分7厘と高く。安打数も1,500本以上はなっている名選手です。

森 友哉のプロフィール

2019年に首位打者も獲得して大活躍した森 友哉です。

現在の球界において打てるキャッチャーといえば森のイメージが強く、身長は低い(170cm)ですが、パンチ力もあり、4シーズン2桁HRをマークしています。

出身大阪府堺市南区
生年月日1995年8月8日
経歴大阪桐蔭高等学校
埼玉西武ライオンズ (2014 – )
プロ入り2013年 ドラフト1位
投球投打右投げ左打ち
ポジション捕手 / 右翼
タイトル首位打者:1回(2019年)
ベストナイン:2回(2018年 / 2019年)


通算成績はこちらです。

  • 通算安打:594
  • 通算HR:74
  • 通算打点:332
  • 通算盗塁:14
  • 通算打率:0.298

25歳とこれからの選手なので、まだまだ記録は伸びていくと思いますが、打率2割9分8厘という数字は捕手でありながら本当に素晴らしい数字としか言いようがありません。

ダルビッシュ有のプロフィール

日米で活躍しているダルビッシュ 有ですが、現在日本で最高の投手といってもいいのではないでしょうか。

長身(196cm)から繰り出されるストレートは最速159kmをマークしており、もちろん多彩な変化球も持っており、抜群の安定感を誇る。

日米において最多奪三振のタイトルを取得するなど日本だけでなくアメリカにおいても名選手の仲間入りを果たしている。

出身大阪府羽曳野市
生年月日1986年8月16日
経歴東北高等学校
北海道日本ハムファイターズ (2005 – 2011)
テキサス・レンジャーズ (2012 – 2017)
ロサンゼルス・ドジャース (2017)
シカゴ・カブス (2018 – )
プロ入り2004年 ドラフト1位
投球投打右投げ右打ち
ポジション投手
タイトル最優秀防御率:2回(2009年 – 2010年)
最多奪三振:3回(2007年 / 2010年 – 2011年)
最高勝率:1回(2009)
最多奪三振:1回(2013年)MLB
沢村賞:1回(2007年)
ベストナイン:2回(2007年 / 2009年)
GG:2回(2007年 – 2008年)


日米通算成績はこちらです。

  • 通算成績:163勝94負
  • 通算防御率:2.69

30台半ばまで来ていますが、2020年においても大変活躍しており、まだま大記録は伸びていきそうです。

ベストナイン以外の有力選手

惜しくもベストナインに入れなかった選手たちが大阪にたくさんいます。

あまりにも多くの選手がいるので、もうひとチームを作ってみました。


本当に素晴らしい選手がたくさんいます。
他の件であれば当然スタメン、クリーンナップを打っている選手がたくさんいます。

また、投手陣も大変豪華で、元メジャーリーガーが5人おり、それぞれが伝説的な選手というとても豪華なラインナップとなっています。

東の神奈川、西の大阪という言葉の通り、多くのスター選手を輩出していることわかります。