【アドセンス広告配信停止】無効なトラフィックの問題による広告が表示されない原因とは!?

【アドセンス広告配信停止】無効なトラフィックの問題による広告が表示されない原因とは!?


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

先日Googleアドセンスの広告が表示されていないことをツイッターで報告させていただいた所、多くのブロガーの方から原因はなんであったのかご質問をいただきました。

現状は2019年9月25日から停止をしている状態が続いていますが、少しでも同じような事象が発生しないように、今回の要因について説明をしたいと思います。

アドセンス広告の停止について

ブログの状態について

2019年4月からブログを開設し、6月にアドセンスに合格しました。
アドセンスは10回目でやっと合格することができたため、アドセンスへの思い入れは人一倍強く持っています(笑)。

これまでコツコツと記事を更新してきて、少しずつではありますが、アドセンス収益も右肩上がりで伸びてきていたところで、今回の事件が発生

2019年9月25日の早朝にいつものようにGoogle AdSenseのアプリを立ち上げて夜の間の見積もり収益額ページビュー数表示回数などをチェックしていました。

見積もり収益額0円でまあいつも通りだなと思って、次にページビュー数を見るとそれなりに数が上がっていたので、そのまま表示回数をチェックしたところ表示回数の欄には「0」と上がっていました。

あれ!? 何かおかしいぞ!?

ページビュー数が上がっているのに表示回数が上がらなかったことが今までなかったため、自サイトを確認してみると、広告が表示されていないことが判明

すぐにパソコン用のGoogleアドセンスのページを確認しても特にGoogleからの連絡はきておらず、なんで広告が止まったのか全くわからないものの広告表示されていないことが発覚しました

広告配信停止の要因とは

Googleからの連絡はないものの、同じような事象が発生している方の記事を参考にさせていただき、以下の確認を実施しました。

  • Googleアドセンスのシステム不具合
  • 自サイトの不具合(広告表示)
  • アドセンスポリシー違反


Googleアドセンスのシステム不具合については、Twitterやネットニュースをまず確認しましたが、同じような不具合についてコメントしている人はいませんでした。

また、Googleアドセンスの管理画面には通常通りアクセスでき、他の方のサイトを見てみるとアドセンス広告と思われる広告が表示されていたため、Googleアドセンスのシステム側の不具合の可能性はなさそうだとなりました。


次に自サイトの不具合について分析をしました。
自サイトにおいては、自動広告と自身で設定した広告がありましたが、どちらも広告表示はされていない状態でした。

ワードプレスの設定を再確認したり、ブラウザの設定(キャッシュ削除)なども試してみましたが、特に問題はなく、自サイトの不具合の可能性はなさそうでした。


最後にアドセンスポリシー違反ですが、Googleアドセンスの管理画面からポリシーセンターを確認すると「ポリシー違反は見つかりませんでした」と表示されており、アドセンスからのメール連絡もない状態でした。


ということで、この段階では広告配信が停止したことはわかったものの要因はわからない状態でした。

Googleからの連絡

メール連絡

Googleアドセンス停止

何が原因なんだろうとモヤモヤしているとGoogleさんからメール連絡がきました。

メールには今回アドセンス広告を停止した旨、およびなぜアドセンス広告を停止されたのか理由も書かれていました。

お客様

先日、お客様の AdSense アカウントで無効なトラフィックが検出されました。Google ではこの事態を受け、
お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。
今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。

引用:Google アドセンスチームからの連絡

ポリシーセンターからの連絡

Googleからメールが来たタイミングでGoogleアドセンスの管理画面からポリシーセンターを確認すると、広告配信を制限していることが通知されていました。

Google AdSense ポリシーセンターからの連絡
Google AdSense ポリシーセンターからの連絡


メールの中身およびポリシーセンターからの連絡を確認するとどちらも「無効なトラフィック」が検出された旨が記載されており、これによりポリシー違反となり、広告配信が停止したことがわかりました。

無効なトラフィックへの対策

無効なトラフィックとは

無効なトラフィックってなんですの!?

無効なトラフィックってなんだろうと思い、Google先生が教えてもらうためすぐに検索を行いました。

無効なトラフィックとはGoogleでは以下のように説明されています。

無効なトラフィックの定義

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

引用:Google アドセンスヘルプ


Googleさんによると私がアドセンス収益を上げるために意図的に広告のクリックインプレッション数を増やしているとのことでした。

また、丁寧にどのような場合が無効なトラフィックの定義に当たるのかも説明されています。

無効なトラフィックの定義

無効なトラフィックの例は次のとおりです。
・サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
・1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
・サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
・自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

引用:Google アドセンスヘルプ


無効なトラフィックとして判断された可能性として2つ思いつきました。

1つ目は夏頃に実家に帰った際に、家族にブログ運営していることを伝えたことです。
後から聞いた話ではありますが、家族は私のためと思い、日々サイトにアクセスしては、クリックをしてくれていました。

これが「1人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと」に該当したのではないかと思われます。


2つ目は3週間ほど前にフランスからアクセスが一定期間に集中してきたことがありました。
特に広告クリックがあったわけではありませんが、日本語でしかブログは作成しておらず、セッション時間を見るとものすごく短時間であったことから、不正アクセスと疑われたのかもしれません。


なんとなくではありますが、要因と思われることが判明したので、実際に防止するための対策にうつりました。

無効なトラフィックを防止する方法とは

無効なトラフィックをどのように防止する方法ですが、Googleでは以下のように説明をされています。

無効なトラフィックを防止する方法

・広告トラフィックやサイト訪問者を把握する
・信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避ける
・自分のサイト内の広告だからといって安易にクリックしない
・広告の掲載方法を念入りに確認する
・サイトの認証機能を使用して広告コードの無断使用を防ぐ
・AdSenseヘルプフォーラムで相談する

引用:Google アドセンスヘルプ


上記を踏まえて、やっていることは継続しつつも追加で以下の対策を徹底することで、広告配信停止の解除を目指したいと思います。

広告のクリック

自分自身はクリックしないように注意をしていましたが、家族や友人についても読んでくれることは感謝を伝えつつも、クリックはしないようにしてもらうように伝えました。

サイト状況の確認

Googleアナリティクスを見ることはしていたものの、大雑把な数だけしか把握しておらず、誰がどこからアクセスしているのかは全くみていませんでした。

PV数も少ないので、
分析するほど見ることもないなと思ってました

今後はトラフィック状況を確認し、不審な点があったら、広告トラフィック品質管理チームに知らせます。

SNSツイートからの流入

今までは記事を更新するごとにツイッターで呟くことで、少ない流入数を少しでも増やせるように取り組んできました。

ただ、自サイトへの流入方法についても、一箇所から局所的に高まることがよくないとGoogleにとらえられた可能性があるので、改善されるまでは一旦停止したいと思います。


根本的な要因はわかっていない状況ではありますが、考えられる対策を一つずつ実施していきたいと思います。

ネットの類似記事を見ると「約1ヶ月ほど停止していた」という記事が多くみられますので、まずは1ヶ月ほどは気長に待ちながらも、対策を講じていきたいと思います。

また、復活できなのちには、1ヶ月間で実施したことなどを同じような思いをされないようにご共有していきたいと思います。

まとめ

Googleアドセンスの広告が表示されないことは、大きなモチベーションの低下につながり、ブログ運営をやめてしまうきっかけにもなり得るものです。

また、突如として広告配信が停止し、根本原因が何であるかはわからない状態が続きます。

何が要因かわからないまた、もしかしたら自分が原因ではない可能性もありますが、自社サイトで起こったことはサイト運営者の責任になります。


とはいえアドセンスは広告主を集めてくる部分や最適な広告掲載をしてくれるという観点でものすごい強みがあり、大変優れた広告プラットフォームです。

Google側も最適なサイトで最適なコンテンツ(広告含む)を提供したいという思いから、ポリシー違反をしたと思われるサイトについては、改善するための警告を与えます。


それだからしょうがないとまでは割り切れませんが、まずは改善に向けて自分でできることをコツコツ取り組んでいきたいと思います。

また、並行して記事作成も続けていきたいと思います。