【アドセンスの広告単価っていくら!?】意外と知らないGoogleアドセンスの仕組みを紹介

【アドセンスの広告単価っていくら!?】意外と知らないGoogleアドセンスの仕組みを紹介


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

ブログ運営をされている方やブログ運営してみようかなと検討している方が誰もが知っているのが「Googleアドセンス」だと思います。

普段何気なく利用しているアドセンスですが、表示されるクリック単価は毎回異なっており、何でそんなに金額がかわるんだと不思議に思ったことはありませんか。

今回はGoogleアドセンスの仕組みからお話をさせていただき、なぜ広告単価が毎回異なるのか紹介をしたいと思います。

Google アドセンスとは

Google Adsense

Googleアドセンスは自分で作ったサイトにGoogleアドセンス経由で広告を掲載することで、掲載した広告がクリックされたお金がもらうことができる、Google社が提供する広告配信システムです。

Googleアドセンスの導入は無料であり、自分で広告主を見つけなくても自動で広告配信をしてくれることから多くのブロガーの方が利用しています。
ただ、利用にあたってはGoogle社の審査が入ります。

日本では2003年12月より一般公開されることとなり、ブロガーなどに広まり急速にシェアが拡大されていきました。
当時、スマートフォンもない時代ですので、パソコン中心に発展したことがわかります。

Googleアドセンスのメリット

インターネット広告の一種であるGoogleアドセンスにはここまで発展したのにはやはり理由があります。

なぜみんなが利用しているのか広告配信の仕組みをお話しする前にメリットの紹介をしたいと思います。

さまざまな広告ユニットを保有

引用:Google AdSense
引用:Google AdSense

普段何気無く、困ったことがあったらGoogleで検索をして調べものをしていると思いますが、気にしていないだけでさまざまな広告が表示されています。

その中で、ブログ運営者は自分のサイトにきてもらい、広告をクリックしてもらう必要がありますよね。

ブログ運営者の方は広告をクリックしてもらうためには、サイトの読者の方が広告を押したくなるような、更に情報が欲しくなるような、読者の問題を解決するような広告をクリックしてもらうことが必要です。

その際に重要となるのが、広告ユニットです。
サイトごとにどのような広告ユニットがマッチしているかは千差万別だと思います。

Googleアドセンスでは以下の広告ユニットがあります。

  • テキスト広告
  • ディスプレイ広告
  • リッチメディア広告(動画など)
  • リンクユニット
  • レスポンシブ広告

などを保有しており、運営者がどの広告タイプをサイトに掲載するか選ぶことができます。

これだけ広告ユニットを豊富に持っているのは使い勝手が大変よく、Googleアドセンスの強みの1つとなります。

広告在庫が豊富

広告表示の仕組みとも密接に関係してきますが、Googleアドセンスでは数百万人という広告主を抱えているため、高い広告掲載率を誇ります


「そもそも広告って聞くと何を思い出しますか?」


TVCMや街中で見かける看板、Webページで見るバナー、youtubeを見る前に流れる動画などさまざまなものが取り扱いされています。

これらは全て広告です。
広告主が商品を販売したいとか、会社名を知ってもらいたいなどの目標に向かって広告を配信しています。


「日本の広告費用っていくらか知っていますか?」


日本の広告費用については、電通社が毎年「日本の広告費」というのをまとめています。この日本の広告費によると、2018年度の日本の広告費用は6兆5,300億円となります。

「兆」っていわれると正直すごすぎてよくわからないですね!

引用:日本の総広告費(電通 2018年日本の広告費)
引用:日本の総広告費(電通 2018年日本の広告費)

上図にまとめている通り、リーマンショックや東日本大震災で落ち込んでいた広告費はまた右肩上がりで徐々に伸びてきていることがわかります。

もう少し詳細に見ていきたいと思います。
このお金はテレビCMや新聞など様々なメディアの総額の値となっています。

ここからインターネット広告に着目していきたいと思います。

引用:媒体別広告費の伸び率(電通 2018年日本の広告費)
引用:媒体別広告費の伸び率(電通 2018年日本の広告費)

少し見にくいですが、横軸に各メディアごとの広告費用の割合縦軸が広告費用の伸び率を表しています。

赤枠で囲っているところがインターネット広告ですが、他のメディアと比較すると急激に成長していることがわかります

反対に新聞や雑誌などの広告はスマートフォンの普及に伴ってどんどん縮小していることもわかります。

インターネット広告が占める割合は日本の広告費の約27%であり、約1兆8,000億円になります。

2019年にはテレビCMを抜いて1番になるともいわれています!

話はだいぶ長くなってしまいましたが、今後もどんどん伸びていくとされているインターネット広告市場において、シェア1番なのがGoogleです。

Googleのシェアは40%を超えています。

インターネット広告はみんなが利用するサイトやアプリに広告主は出稿したいので、予算がよっていく傾向にあり、みんなが利用するGoogleには世界で1番予算が集まります。

ここで集まった数百万もの広告が常時あるため、Googleアドセンスでは絶えず在庫を抱えており、せっかく表示されても何も広告が表示されないということが無くなります。

パソコンとスマートフォンどちらにも対応

ブログ運営をしている際に大変なのが、パソコン用とスマートフォン用でディスプレイのサイズが異なることから、レイアウトや表示サイズの変更をしなければいけないことではないでしょうか。

Googleアドセンスではモバイルにも対応しているレスポンシブル広告を提供しており、スマートフォンやタブレットなどディスプレイサイズに合わせて自動で適切な大きさで広告表示をしてくれます。

運営者側から見ても手間が減りますし、読者からしても見やすくなりどちらから見てもメリットばかりとなります。

成果を見やすい(モバイル端末からも確認可能)

引用:Google AdSense
引用:Google AdSense

Googleアドセンスでは無料で管理画面の提供をしてくれます。
管理画面ではページビュー数や広告の表示回数、広告のクリック数や単価など様々な指標についてグラフ付きでまとめられています。

広告収益が上がっていない要因やどこで収益が上がっているのか、簡単に分析することができます。

更に、スマートフォン用のアプリも提供されているため、外出していてもリアルタイムで状況を確認することができます。

管理画面は説明がなくても、シンプルでわかりやすいものとなっており、管理する観点でも非常に利用しやすいものとなっています。

Googleアドセンスを始めるための4ステップ

掲載する広告ユニットを選定

メリットでお伝えしたようにGoogleアナリティクスではさまざま広告ユニットを保有しています。

Googleアドセンスを利用するための最初のステップとしては、どの広告を利用するのか自身のサイトにどの広告が合うのか考えながら選定されることをお勧めします。

どうしても載せたくないという広告ユニットがある場合を除いて、どの広告ユニットが収益最大になるかは事前にわかることはないかと思います。

その場合は、とりあえずさまざまな広告ユニットを利用しながら効果が最も良いユニットを残していく方法が良いかと思います。

ちなみに、そもそもGoogleアドセンスを利用するためにはGoogleの審査に合格する必要があります。

Googleの審査について詳細はこちらにまとめているので、これからアドセンスの申請を行う方は是非ご覧ください。

広告掲載の位置を決める

Googleアドセンスで広告ユニットを選択すると、広告掲載用の広告コードの払い出しが行われます

広告コードを貼ることで、Googleから指定した場所に広告の掲載が開始されます。

自身のサイトでどこにどの広告を掲載したいか決めて、指定の広告コードを貼りましょう。


ちなみに自動広告というサービスも提供されており、こちらを利用すると広告コードを貼らなくても、Google側で自動でサイトにあった広告を掲載してくれます。

読者側の立場に立った時、広告が多すぎて見にくいサイトってありますよね!?

広告収益を求めるばかりに、サイト運営者は広告表示の枠を増やしすぎてしまいがちです。
自動広告ではサイトに応じて適量の広告を掲載してくれるため、読者にとっても見やすいサイトでありながら、広告掲載をすることが自動でできます。

広告単価の高い広告の表示

配信の仕組みは後ほど説明しますが、Googleアドセンスでは事前にどの広告主の広告を表示するとは決めておらず、サイトの広告枠が表示されたタイミングで広告短歌の高い広告を表示します

この時は、どんなサイトかということも見ていますし、読者がどんなユーザーかも見て、最も適した単価の高い広告を表示してくれます。

Googleにとってもユーザーに全く関係のない広告を出してしまい、なんだか使いずらいなと思われて、そもそもGoogleを利用しなくなってしまうことを防ぐために、それぞれのユーザーに適した広告を出す仕組みを持っています。


簡単な例ではありますが、私は30代の男性ですが、よくGoogleのページを見ていると車や不動産の広告を表示されることが多いです。

これは、私が普段からGoogleで検索する内容や閲覧するページなどの傾向を見て、私がどんなサイトが好きなのかということをGoogleが把握して、より私にあったコンテンツを提供してくれているからです。

みなさんも調べていたことが自然と広告として表示されているという経験をされたことがあるかと思いますが、それはこのようなGoogleの仕組みによるものです。

収益を受け取る

表示された広告がクリックされるとサイト運営者に収益が発生します

お支払い基準額は日本では8,000円と定められており、基準額に達するとスケジュールにそって振込が発生します。

自身の口座にGoogleから入金があるとめちゃめちゃテンションが上がりますよ!

Googleアドセンスを利用される場合は、まずこの8,000円という基準額を目指していくことになります。

広告表示の仕組み

簡単にですが、Googleアドセンスの広告表示の仕組みをお話ししたいと思います。

広告配信の仕組み

広告配信の仕組み

誰もが知っているGoogleですが、Google検索やGoogle Mapなど全て無料で提供されているので、ユーザーからするとどうやって儲けているのっと感じるのではないでしょうか。

Google社の儲けはほとんどが「広告費用」となります。

Google社は世界最大の広告プラットフォームを有しており、多くの広告主から広告予算を獲得して、Googleが自分たちで持っているメディアやGoogleアドセンスなどで枠を買い取って、他の人が持つ面に広告配信をしています。


広告の話をするときによく出てくる登場人物が4人います。

  • 広告主
  • 広告代理店
  • 配信システム
  • メディア

広告主広告を出稿したい人たちです。
よく自動車メーカーのテレビCMや消費財メーカーのCMなどを見るかと思いますが、そのような企業になります。

広告代理店広告主と配信システムを持つ人とをつなぐ人たちです。
電通や博報堂、サイバーエージェントなどが広告代理店と言われる企業となります。

配信システム広告主の広告を世の中のさまざまなメディアに配信するためのシステムを提供している人たちです。
Googleはまさにこの広告配信システムで大変優れた機能を持っており、Googleアドセンスも広告配信の仕組みの一つとなります。

メディア広告を配信するサイトのことです。
GoogleやYahoo!などの企業が運営するサイトから私のように個人で運用するサイトまで存在しています。

Googleの広告配信サービス

Googleが提供している広告配信サービスは大きく2つあります。

  • 広告出稿側向けのサービス
  • 広告を表示する側向けのサービス

簡単にそれぞれについて説明をします。

Google Ads(Google広告)

広告出稿者向けのサービスとして、「Google Ads(Google広告)」です。
これは広告を出稿したい人が予算やクリエイティブなどを設定するものです。

日本では広告代理店と呼ばれる人たちが「Google Ads」を活用して、広告の運用をすることが主となります。

ちなみにGoogleの広告配信システムは大変優秀なため、予算とクリエイティブを設定すれば、あとは自動で最適な配信を実現してくれます。

Google Ad Manager(Googleアドマネージャー)

広告を表示したい人向けのサービスとして、「Google Ad Manager(Googleアドマネージャー)」です。

日本ではメディアを運用する人たちが「Google Ad Manager」を活用して、広告の運用をすることができます。

こちらにはGoogle AdExchangeと呼ばれるリアルタイムでの広告の買付によって広告が表示される仕組みを適用して、広告配信することができます。

Google アドセンスの仕組み

Googleアドセンスは先ほど説明したGoogle AdExchangeの機能をもつ、Google社の広告おろしサービスとなります。

実際の広告が配信される流れを順を追って説明したいと思います。

はじめにご自身のサイトの広告枠が表示された瞬間に、Googleの広告配信システムに広告の要求をします。

広告の要求を受けたシステムでは、リアルタイムにその瞬間に広告を出したい人の中からGoogleの基準にしたがって広告選定をして、サイトに広告を返します。

サイト側は返却された広告を表示し、クリックされると収益が発生します。

Googleアドセンスでは広告がクリックされてはじめて収益が発生します。
そのため、無闇矢鱈に単価が高い広告ばかり流しても収益が発生するわけではありません。

Google側ユーザーにとって良い広告を表示したいという思いがあるため、ユーザーのクリック状況やサイトの閲覧状況などを分析した上で、ユーザーにあった広告を表示します。

また、ユーザーだけでなく、サイトがどのようなサイトか分析することで、サイトにあった広告を表示するようにしています。
これはユーザーにとってもサイトにあった広告の方が自然に受け入れられて広告のクリックに繋がるからです。


上記の仕組みを利用して、Googleアドセンスは広告配信を実施しています。

アドセンスの単価

アドセンスの単価

Googleアドセンスの単価っていくらぐらいか調べると数1,000円から数円のものもあったりといろんな結果が出てくると思います。

結果からお話しすると全て正解となります。

先ほどお話ししたようにGoogleアドセンスではリアルタイムに広告の売買をして表示をするため、常に単価は異なります。

みなさんのサイトでも同じ記事を改めて開くと、先ほどとは違う広告が表示されると思います。

これは、表示される度に買付が発生していることをあらわします。

リアルタイムに売買されるということは、時期によっても広告量も異なったり、読者の数も変わったりと色々な変動要素があります。

こればかりは気にしてもGoogle社しかわからない部分になってしまうので、あまり気にしすぎずにまずはクリックされるために閲覧数を伸ばすことを目指すことが1番の近道となります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Googleアドセンスという言葉は知っている人や実際に利用している人でもどのような仕組みで広告が配信されているか仕組みまで知っている人は少ないのではないでしょうか。

仕組みの部分がわかってくると、「どういう工夫をしたら良いのか」また「こういう気にしてもあまり関係ない」ということがわかってきます。

気になる単価ですが、リアルタイムに広告の売買をするため、時期によってもタイミングによっても単価は変化します。

気になる部分ではありますが、Google社しか中身はわからない部分となりますので、あまり気にしすぎず、まずはクリック数が増加するように閲覧数の拡大を図っていきましょう。