【2019年8月最新】Googleアドセンス1発合格するための対策方法とは!?

【2019年8月最新】Googleアドセンス1発合格するための対策方法とは!?


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

ブログ運営をする方が誰もが目指す「Google アドセンス」の合格。

Google アドセンス

2019年7月16日にブログを開始したyuzuですが、2019年7月29日に無事一発合格することができました
一発合格したブログはこちらです。

近年アドセンス合格のハードルが高くなってきている中で、審査基準に対してどんな対策を講じたのか、実体験に基づいてご紹介します。

Google アドセンスに挑戦した経緯

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、Google社の提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスとなります。

無料で利用することができ、基本的にクリック型の成果報酬広告で、ユーザーが表示する広告をクリックすると報酬が発生し、ブログオーナーに収益が得られます。

広告内容はユーザーの行動履歴により、自動で閲覧ユーザーに最適なものが表示される仕組みとなります。


ブログで稼ぐ方法は大きく2つあります。

  • 広告を掲載してクリックをしてもらうことで広告費をもらう
  • 商品やサービスを紹介することで広告費をもらう

Google アドセンスは広告を掲載してクリックをしてもらうことで広告費を得るモデルとなります。

実はこのモデルも多くのサービスが乱立している中で、Google アドセンスを選んだ理由としては

  • クリック課金かつ単価が高いこと
  • ブログ内容に応じてGoogle社が自動で最適な広告を表示してくれること

ためです。

クリックごとに課金される広告は他にもありますが、単価は1円〜数円ほどです。Googleアドセンスの場合は、数十円ほどあり、限られた閲覧数(PV数)のなかで効率的に広告費を得ることができます。

また、一般的にアフェリエイト広告は数ある広告の中から自身が掲載したい広告を選択して記事に貼り付けます。ものすごい量の広告があることまた、広告が突然終了することや広告の内容が変わることもあるため、運用に稼働がかかります。

Google アドセンスなら、こんな問題を解決してくれます。


yuzuは現在2つのブログを運営しており、本ブログを合格する際には10回挑戦することとなりました。
その際の体験記はこちらになります。

この時はめちゃめちゃ苦労しました(´-`).。oO


今回は2つ目のブログのアドセンス申請の際に1発で合格した際の対策となります。これは、既に合格をした経験から対策を考え、対応したものです。

短期間で2度合格している人は少ないと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

アドセンス合格する9つの対策方法

独自ドメインの取得

Google アドセンスは現在基本的には無料ブログでの審査ができず、申請時に独自ドメインが必須となっています。

必要になってくるのが

  • レンタルサーバーを借りる
  • 独自ドメインを取得する

が必要となります。


この時、無難であるのはWordPressを活用することがおすすめですが、ライブドアブログはてなブログなどの無料ブログでは独自ドメインが取れれば合格することもありますが、カスタマイズ性が少ないため、収益を稼いでいくことを前提とする場合は、WordPressを活用することをおすすめします。

禁止コンテンツ

Google社は独自にコンテンツポリシーを設けており、以下の禁止コンテンツを定めています。

禁止コンテンツ

アダルト コンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

Google AdSense ヘルプより

上記ですが、違反している場合は、Google社からのコメントにも禁止コンテンツを利用している旨が記載されます。

写真も対象となるため、注意してください!!

ヘッダー画像や記事内のコンテンツも対象となるため、肌の露出が多い画像など全ての画像まで意識しましょう。

オリジナル画像(著作権違反)の利用

禁止コンテンツと同様に注意しなければいけないのが著作権の問題です。
こちらはGoogle社とは関係なく、著作権の問題は対応が必要です。

特に侵害しやすいのが画像の取り扱いです。
原則はオリジナル画像を利用することをおすすめしますが、著作権フリーで利用できるサイトもありますので、ご活用ください。

著作権で保護されているコンテンツ

著作権法で保護されているコンテンツを含むページには、AdSense サイト運営者様がそれらのコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、Google 広告を表示することはできません。これには、著作権で保護されているコンテンツを直接掲載しているページ、著作権で保護されたファイルを提供しているページ、著作権で保護されたコンテンツを含むページへのリンクを掲載しているページが含まれます。
Google は、著作権侵害の報告に対して、デジタル ミレニアム著作権法(DMCA)に則って対処します。AdSense サイト運営者様のウェブページが著作権を侵害しているという報告があった場合、または報告がなくても著作権を侵害していることの根拠がある場合は、サイト運営者様のプログラムへの参加が停止されます。こうした措置に異議を申し立てる場合は、こちらのフォームをご利用ください。また、DMCA プロセスの詳細については、こちらのブログ記事(英語)をご確認ください。
ご自身の著作権で保護されているコンテンツが、AdSense プログラム対象ページに無許可で掲載されていると考えられる場合は、こちらのフォームにご記入いただくか、AdChoices アイコン 
 をクリックしてご報告ください。

AdSense プログラム ポリシーより

もちろん、無断転載などではなく適切な形で引用をしているのであれば問題ないです。

一定の記事ボリューム数

一定の記事ボリューム数が必要なのは、「独自性のあるコンテンツ」としてGoogle社に判断をしてもらう必要があるからです。

最近Googleアドセンスに挑戦され不合格となった方で最も多いのが、「価値が低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について」ではないでしょうか。

この時に一番わかりやすく目安になるのが、記事数と文字数となります。

文字数が多いと他のサイトとの記事の被りが少なく、独自性が担保されやすいというわけです


yuzuが合格した際のブログの状況は、

  • 記事数9(申請時8)
  • 文字数(最大:5,173 最小:2,534 平均:3,667)


ちなみに本ブログ合格時は

  • 記事数15
  • 文字数(最大:4,084 最小:1,760 平均:2,708)


となります。
明確にこの文字数なら絶対大丈夫とは難しいですが、イメージとして
10記事であれば、平均文字数3,500ほど
15記事であれば、平均文字数2,500ほど
を目安にアドセンス挑戦をされることをおすすめします。

ユーザーノウハウ(独自性のある)コンテンツ

「独自性のあるコンテンツ」としてGoogle社に判断をしてもらうために必要なこととして、ユーザーノウハウ系のコンテンツである必要があります。

これはただの日記を書くのではなく、

  • どのような人向けに
  • どのような問題を
  • どのように解決するか

ということが明確なハウツー系のコンテンツである必要があります。


よく特化型のブログの方がGoogleアドセンスに合格しやすいことやSEOが強いとされていますが、これは誰の部分が明確であるため、ユーザも見やすくまたGoogle社からも良いコンテンツを提供しているサイトとして認識されやすい傾向があります。

ただし、雑記ブログは絶対ダメかというとそういうわけではなく、初心者には記事のコンテンツを作成しやすかったり、人となりがわかるなどメリットもあります。

とはいえ、Googleアドセンス合格という観点からは、合格しずらくなる要素となるため、誰のどんな問題をどう解決するのかということを意識して記事作成をしましょう。

カテゴリを2つ、3つに絞るこむ

アドセンスのためにもまた、SEOのためにも大事になってくるのがカテゴリの絞り込みです。
前回の合格時にも記載しましたが、カテゴリは最大でも3つほどとすることをおすすめします。

yuzuが合格した際は

  • 投資術
  • 経済
  • その他(WealrhNavi)

の3つに絞り込みました。

ちなみに本ブログ合格時は

  • ブログ
  • 旅行

の2つに絞り込んでいました。

これはどんなサイトであるかわかりやすくなるため、「価値が低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について」の対策として必要なことです。

インデックス管理の徹底

初心者のかたで一番わかりにくいものの一番対処しなければいけないのがインデックス管理です。

これは不要なURLの削除であったり、新規で作成した記事のURL登録することなどインデックス管理をさします。

まず、ご自身のサイトがネット上で登録されているサイト(ドメイン配下)の記事を見るために、「site : ご自身のURL」と検索してみてください。

yuzuのサイトの場合は
「site:https://happysmilestrawberry.com」
となります

例えば、一度アップしたけど下書きに戻した記事一度タグをつけたが違うタグにした記事など、何かしらサイドアップしたりすると以前アップしたもの記事の乱立が発生する可能性があります。

例えば以下は投稿記事の登録がうまくいっていない状況の一例です。

投稿がなし

このような状態がGoogle社からは、コンテンツの複製や価値のない記事として捉えられる可能性があるので、必ず現在登録されている記事の状態を確認しましょう。

何名かの方のアドバイスをさせていただいたことがありますが、インデックス管理の漏れが多くの場合にみられます

その他

いろんな方がGoogle アドセンス合格のための対策法をお話しされていますが、よく他社の広告は貼らない方が良いとあります。

yuzuも無闇矢鱈に貼ることはおすすめしませんが、yuzuの場合は、

  • Amazon アソシエイト
  • A8.net

の広告を張っていましたが、合格することができました。
ただし、1つ目のブログの際は全ての広告を排除していたので、不安を感じる場合は、削除されることをおすすめします。

合格時の状況

アドセンス合格時の状況はこちら

  • ワードプレス利用
  • テーマ:アルバトロス(有料)
  • 記事数9
  • プライバシーポリシー:有
  • 免責:有
  • プロフィール:有
  • お問い合わせ:Contact Form 7
  • サイトマップ:Yoast SEO
  • ドメイン:お名前.com
  • サーバ:エックスサーバー(SSL証明書)
  • 文字数(最小:2,534 最大:5,173 平均:3,667)


です。

カテゴリは投資術、経済、その他の3つでした。

合格時の記事はこちら

カテゴリ | 投資術

【記事1】【投資初心者必見】なぜ初心者は長期投資から始めるのが良いのか!?

【記事2】【サラリーマン限定】サラリーマンだからこそできる負けないおすすめ投資術

【記事3】【お金持ちになるための考え方】投資初心者向けおすすめ書籍3選

カテゴリ | 経済

【記事4】【リーマンショックはなぜ起きたのか】リーマンショックから読み解く日本経済の停滞とは!?

【記事5】【消費税10%に増税】増税にともなって日本をハイパーインフレとデノミが襲う!?

【記事6】【新円切り替えの狙いは】紙幣が紙くずになったデノミが日本で起きる可能性は!?

【記事7】【日本でデフォルトは起きるのか!?】オリンピック終了後の経済を読み解く

カテゴリ | その他

【記事8】【ウェルスナビは儲かるの!?】運用1年における利回り実績はいくら!?

【記事9】【知らないと損をする】ウェルスナビ運用者は積立しないと損をする!?

まとめ

アドセンス合格は正解がわからないため、孤独との戦いになります。
知識がない場合は、わからないことだらけになってしまいます。

私の場合は知識が全くなかったため、ツイッターで情報を集めたりアドバイスもらいながら挑戦を続けることができました。

もし今からブログに挑戦される方は、ツイッターでなくても結構ですが、誰かにアドバイスをもらえる環境づくりをしましょう。

もちろん、yuzuであれば無料でできる限りのアドバイスさせていただきますので、ツイッター(yuzu(@yuzu_happysmile))にご連絡ください。