【アドセンスの収益拡大!】Googleが教えるアドセンス広告の収益最大化の方法とは!?

Googleが教えるアドセンス広告の収益最大化の方法とは!?


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

ブログ運営をされている方やブログ運営してみようかなと検討している方が誰もが知っているのが「Googleアドセンス」だと思います。

Googleアドセンスはクリックされることで収益が発生する仕組みとなっています。

ブログを運営する上では必ずといっていいほどお付き合いすることになるGoogleアドセンスについてどうすれば収益の最大化を図れるかGoogle社が唱えている手法を紐解いていきたいと思います。

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスは自分で作ったサイトにGoogleアドセンス経由で広告を掲載することで、掲載した広告がクリックされたお金がもらうことができる、Google社が提供する広告配信システムです。

Googleアドセンスの導入は無料であり、自分で広告主を見つけなくても自動で広告配信をしてくれることから多くのブロガーの方が利用しています。
ただ、利用にあたってはGoogle社の審査が入ります。

Googleの広告配信システムを活用することでリアルタイムでの広告の売買が発生し、その時ユーザーやサイトにとって最適な広告を自動で提供してくれます

Googleアドセンスを活用すれば広告の買付など広告主とのやり取りやクリエイティブのやり取りなどを煩わしいことは全てGoogle社にお願いして、広告の枠を提供するだけで収益を確保することができます。

多くのサイト運営者がGoogleアドセンスを利用しているのは、その使いやすさや広告掲載率、広告配信の自動化の仕組みなど総合的に優れていることから多くの方に愛されています。

Googleアドセンスの単価や配信システムについてはこちらをご覧ください。

Googleが教える収益最大化の方法

Googleが教える収益最大化の方法

GoogleではGoogleアドセンスの収益を最大化するために、サイトへのユーザーの流入数を増加させるためのアドバイスをしてくれています。

検索流入数を最大化するための最善策としてGoogle Search ConsoleI(グーグルサーチコンソール)を活用する方法を提案してくれています。

グーグルサーチコンソールはGoogle社が無料で提供するサイト管理者向けの管理ツールです。

Search Console の概要

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

引用:Search Consoleヘルプ

上記はGoogle社のグーグルサーチコンソールの概要抜粋ですが、Google検索をした際に自分のサイトが表示されるように設定をしたり、実際にどのページがよく見られているか、どういう検索キーワードの時にどのような順位で表示されているかなどサイトの状態を知ることができます。

サイト運営する方は必須で利用すべきGoogleのサービスの1つとなります。

グーグルサーチコンソールを利用したGoogleアドセンス収益拡大に向けた対策について、サイト運営者目線にたって提案内容を紐解いていきたいと思います。

インデックス登録をする

Googleサーチコンソールを活用してまずすべきことは作成したサイトURLのインデックス登録です。

みなさん記事を作成されたら何をしていますか?


インターネットの世界では、検索エンジンはクローラーによって世界中の記事情報を収集します。
チェックが完了したら、クローラーが集めた情報を整理分類し、データベースへと記事の登録を行います。

上記のように記事が整理整頓されデータベースに登録されている状態インデックスされているといいます。
このインデックスされている状態にすることをインデックス登録といいます。

サイトのすべてのページを Google のインデックスに登録する(無料)

Google Search Console を使用して URLを送信すると、Google のウェブクローラがサイトを隈なく効率的にクロールできるようになります。Search Console は、サイトのすべてのページを Google のインデックスに送信することが可能で、動的に生成される URL や、適切にリンクされていないページを Google に知らせるときに特に便利です。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleは上記のように解説をしてくれています。
私もブログ立ち上げ当初はインデックス登録がしっかりできておらず、何度も申請しても落ちることを繰り返してしまいました。


インデックス登録の仕方ですが「Google Search Console」において、下図の黄色枠に登録したい記事のURLを記載してください。

Google Search Console
引用:Google Search Console


インデックス登録ができている場合は、下図のような表示が出ます。

Google Search Console
引用:Google Search Console


インデックス登録されていない場合は、右下の「インデックス登録をリクエスト」を押下することでインデックス登録ができます。

Google Search Console
引用:Google Search Console

まずは第一にGoogleのデータベースに登録されるようにインデックス登録を徹底しましょう。

Googleが自サイトの分析結果を確認する

そもそもGoogle社は広告配信や検索の仕組みについては開示をしていません。

じゃあ何もわからないじゃないか!


基本的にはその通りとはなってしまいますが、Googleが自サイトについてどのように捉えているかや実際にどこにどのくらい表示されているなど状態を把握するための数字を提供してくれます。

Google でサイトの内容がどのように捉えられているかを把握する。

サイトがクロールされるようになると、ページへのリンクによく使われている単語を確認できます。こうした単語は Google がサイトの内容を捉えるためのベースとなっています。このため、こうした単語を確認することで、サイトのコンテンツの傾向を把握し、個々のキーワードの重要性を見極めることができます。また、PageRank の最も高いページ(月単位)も確認できます。こうしたページは必ずしもホームページであるとは限りません。PageRank の最も高いページがサイトの内部ページの場合は、そのページに表示する広告を重点的に最適化することをおすすめします。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleは上記のように説明してくれています。
実際の画面を見ながら解説をしたいと思います。

引用:Google Search Console
引用:Google Search Console


Google Search Consoleの検索パフォーマンスを押下すると、対象の期間における自社サイトのクリック数や表示回数、検索順位など平均値がある。

引用:Google Search Console
引用:Google Search Console


こちらはGoogleのデータベースでどのようにサイトを管理しているかを理解することができます。

ここで重要であることは

  • サイトがGoogleにどんなキーワードで認識されているかを把握できる
  • キーワード群からサイトの傾向を把握し戦略を立てられる

大きく2点のメリットがあります。

Google社のアルゴリズムはわからないもののどのようにデータベースに登録されていて、検索結果として表示されるのかを理解できます。
これにより全体のサイトの傾向を把握して、どのキーワードを重点的に最適化を図っていくべきか優先順位づけをすることができます。

サイトの潜在的な問題点を明らかにできる

インデックス登録の重要性についてお伝えしましたが、インデックス登録が最初はできていても何らかの理由でサイトや特定のページを表示できないことが発生します。

潜在的な問題を診断する。

Google でサイトや特定のページにアクセスできない場合は、アクセスできないこととその理由をお知らせします。ページをクロールできない場合、Google ではそのページをインデックスに登録することはできません。お知らせするすべてのエラーを解決すると、サイト全体がクロールされるようになります。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleは上記のように説明しています。

みなさんが運営してるサイトについて、毎日全てのページに何かエラーが生じていないか確認することをできますか!?

現実的には全てのページを見れないですよね。
そこで活用するのが、Googleサーチコンソールを活用することでエラーページをすぐに見つけることができ、エラー内容も確認できるので、すぐに対処することができます。

検索クエリと順位がわかる

Googleの自サイトの分析結果がわかると紹介しましたが、さらにユーザーがどのような検索ワード(検索クエリ)で検索をして、実際にどれだけ表示されたのかクリックされたのかということがわかります

Googleで検索をすると検索結果が表示されますが、その際に自分のサイトが上から何番目に出ているか知っていますか!?

Googleサーチコンソールでは実際に表示される順位もわかります。

サイトにトラフィックを集めているクエリを把握する。

Google Search Console を使用すると、サイトへのアクセスにつながった検索クエリと、そのクエリで表示された検索結果でのサイトの掲載順位を確認できます。また、個々のプロパティや国ごとのデータも確認できます。たとえば、アメリカのユーザーが Google 画像検索を行った際に、サイトへのアクセスにつながった検索クエリがどんなものだったかを知ることができます。ただし、確認できるプロパティや国はサイトにデータがあるものに限られます。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleは上記のように説明してくれています。
実際の画面を見ながら解説をしたいと思います。

引用:Google Search Console
引用:Google Search Console

先ほど紹介したGoogle Search Consoleの検索パフォーマンス画面では、検索クエリに紐ついで「クリック数」「表示回数」「掲載順位」などを表示することができます。

クリック数が伸びている検索クエリは表示回数が多かったり、掲載順位が高かったりと必ずクリック数が伸びる要因があります。

一般的に言われるのが掲載順位は1位のクリック数が表示回数の30%ほどで2位以下は極端に下がっていきます

表示回数が多い検索クエリで上位を目指すことはなかなか難しいことですが、表示回数が少ない記事で1位になってもクリック数は増加しません。

表示回数掲載順位を確認しながら、最もクリック数(流入数)を確保できる検索クエリを探し出し、キーワードを狙った記事を作成していきましょう。


また、あまり利用することはありませんが、デバイス別の分析結果も見ることができるので、是非活用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

GoogleアドセンスにおいてGoogle社がおすすめする収益最大化の方法は、サイトへの検索流入数を最大化することです。

検索流入数を増加させるためには、現在のブログの状態を正確に把握して、どんな記事が見られているのか、それはどんな検索ワード(検索クエリ)で検索した結果表示されているかなど、分析が必要です。

分析にはGoogleサーチコンソールを有効に活用して、どんどんサイトを改善していきましょう。