【アドセンス単価はどうやって決まっている!?】気になる収益1円の理由とは

【アドセンス単価はどうやって決まっている!?】気になる収益1円の理由とは


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

ブログ運営をされている方で「Google アドセンス」を導入している方は、

「1クリックごとの収益がなんで変動するのか!?」
「収益が1円と出ることがあるけどなぜだろう!?」

と誰もが疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

アドセンスの単価が変動するのは、アドセンスの仕組みのためです。

今回は、Googleアドセンスの仕組みから単価が変動する理由や1円収益が発生する原因について紹介したいと思います。

アドセンス単価はどうやって決まるのか

アドセンス広告の仕組み

ブログ運営をしている方なら誰もが名前を知っている「Google アドセンス」ですが、仕組みまで知っている方は少ないんじゃないでしょうか。

Googleアドセンスは「Googleが保有する広告」「個人のサイト」に流すものです。

サイトを保有する人はGoogleが指定するタグを自身のサイトに記載することで、指定した広告枠が表示された時に、自動的に広告が配信されるようになります。

他にも広告配信システムは世の中にありますが、Googleアドセンスがこれだけ広まっている理由としては、

  • さまざまな広告フォーマットに対応している
  • 広告在庫が豊富にある
  • パソコンとスマホどちらにも対応している
  • 成果がわかりやすい(見やすい)

というメリットがサイト運営者側にあるからです。


Googleアドセンスを提供している「Google」ですが、実は「世界で最も広告収益をあげている企業」なんです。

「え! Googleって広告で儲けてるの!?」

と思われるかもしれませんが、Google検索など普段利用するGoogleのサービスってほとんど無料で利用できているのに、あんなにもお金を稼げているのって不思議じゃないでしょうか。

これは、Googleが「Google検索」「youtube」など自社サービスを無料で展開して多くのユーザにとってなくてはならないものとした上で、広告を配信することで企業からお金を集めて、収益をあげているからです。

そのため、Googleはより効果の高い(お客様にあった)広告が配信できるように日々改善を行うことで世界最先端の広告配信システムを保有する企業となっています。

世界中のユーザーがサービスを利用していて、世界最高の広告配信システムを持っているGoogleには、当然のことながら多くの企業が広告を出したいと声がかかり、どんどん広告在庫が増えていくという好循環が回ります。


このようにしてアドセンス広告Googleが保有するさまざまな企業の広告を配信しています。

広告運用の仕組み

アドセンスの単価の仕組みのお話をする前に、広告がどのように運用されているか紹介したいと思います。

広告運用をする上で登場するのが、

  • 広告主:広告を出稿したい人
  • 広告代理店:広告主と配信システムをつなぐ人
  • 配信システム:広告を配信するシステムを提供する人(Google)
  • メディア:広告を配信するサイト(自社サイト)

となります。

広告代理店は、広告主がいつどんなキャンペーンを実施したいかを確認し、キャンペーンに最適な広告配信システムの選定を行います。

仮にGoogleの配信システムを利用する場合に、あなたのサイトにアドセンスのタグが記載されていると、広告主の広告が配信されます。


もう少し具体的に見ていきたいと思います。
仮に広告主が2019年12月1日から2019年12月31日までバナー広告をGoogleで出したいという要望があった場合と想定します。

この時、広告代理店がGoogleの広告配信システムにキャンペーンの期間や予算、広告素材の登録を行い、キャンペーン期間中に予算が消化されるか運用を行います。

これは、仮にキャンペーン予算が100万円の場合、必ずしも毎日同じ金額が消化されていくわけではないため、広告代理店が運用をする必要があります。

また、広告主によっては、

  • 土日は広告を多めに出して欲しい
  • 月末に向けて広告を多く出して欲しい

などの要望を受けた場合も運用をする必要があります。


また、広告の案件は月末に案件が集中しやすかったり、各Qごとやクリスマスシーズンなど特定の月に案件が集中しやすくなったりします。

アドセンス単価の仕組み

気になるアドセンスの単価ですが、10円の時もあれば100円の時などいろんな結果が出てきているのではないでしょうか。

Googleアドセンスではリアルタイムに広告の買付を行います
あなたのサイトのなかでアドセンス広告枠が表示されたタイミングで、広告を出したい人に対して、いくらで広告枠を購入するのかオークションが始まります。

この時、一番高い価格を提示した人に広告枠を提供し、広告を掲載します。

アドセンスではこの買付が毎回走ることで、買付額に応じてサイト主に支払われるアドセンス単価が変わります。


アドセンス広告は常に買付がはしるため、単価が変動することはわかったかと思いますが、それではどのような時に単価が高くなるのか、仕組みの説明をしたいと思います。

単価が高くなる要素は大きく2つあり

  • 広告を買いたい人が多くおり、買付価格が高くなる
  • ターゲティングされた広告が表示される

です。
月末など広告を出したい人が多く集中する時は買付価格が高まります。

Googleではユーザーにとって価値のある広告がターゲティングされた出ます。
よく、ちょっと興味があったものや過去に検索したことがあるものが広告として表示された経験はないでしょうか。

これは、ユーザーに対してターティングされた結果であり、ターゲティングによっては単価が異なり、高い単価になる可能性があります。


これらの要素があいまって、単価の変動が発生しています。

収益が1円になる理由とは

広告費用の発生起因

広告業界では「CPM」「CPC」「CPA」など様々な指標があります。

  • CPM(Cost Per Mile):1000回表示するごとに発生する費用
  • CPC(Cost Per Click):クリック課金型広告
  • CPA(Cost Per Action):コンバージョン1件当りにかかった広告費用

といったように、「表示されたことに対して」、「クリックされたことに対して」、「コンバージョンしたことに対して」など様々な指標があります。


Web広告の歴史を見ると、むかーし昔はCPD(Cost Per Day)と呼ばれる期間を保障した販売が主流でした。

世の中では「純広告」と呼ばれるもので、1週間や2週間などの単位で期間を指定して購入をするというものでした。

純広告では誰も見ていなくても、たくさん見られていても料金は一緒になります。
そこで、見た回数に応じて課金されるCPM課金が主流になりました。

またさらに効果に即した課金体系になるように、クリックに応じた、実際に発生したコンベージョンに応じて課金体系へと進化をしています。

1円になる理由

1円になる理由ですが、これはアドセンスの課金体系によります。

Googleアドセンスでは、「CPM課金」「CPC課金」があります。

いわゆる10円ほどから数百円ほどまで変動するのは、CPC課金であるクリック課金です。
クリックに応じて収益が発生するもので、アドセンス広告の主流となります

もうひとつあるのが、CPM課金で広告が表示されることで課金され、収益が発生します。
広告が表示に応じて収益が発生するもので、1円や2円ほどの収益がたちます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

アドセンス広告の単価は広告の買付の仕組みによって変動し、10円ほどから数百円ほどと大きく単価にばらつきが発生します。

また、課金体系もクリック課金と表示(インプレッション)課金があり、表示に対する課金によって1円や2円ほどの収益が発生する要因となります。

単価については、事前に予測できるものではないものとなるため、一喜一憂せずに取り組みましょう。