【今さら聞けない!?】Googleアドセンスと他の広告ネットワークの違いって何!?

Googleアドセンスと他の広告ネットワークの違いって何!?


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

ブログ運営をされている方やブログ運営してみようかなと検討している方が誰もが知っているのが「Googleアドセンス」だと思います。

多くのブロガーの方が愛用しているGoogleアドセンスですが、他の配信システムと比較して優れている点が多いため、広く利用されています。

何気なく利用されているGoogleアドセンスについて他の広告ネットワークと比較して何が優れているのか、どのような違いがあるのか紹介したいと思います。

他のネットワークの違い

Googleの検索技術を活用

Google検索


「Googleのサービスっていうと何を思い出しますか!?」」

Google MapやGmail、youtubeなど多くのサービスが頭に浮かぶんじゃないでしょうか。
実はこれらのサービスには共有点があり、それは全て「無料」で利用できます。

「Googleってめっちゃいい企業だな!」

と多くの方は思われるかもしれませんが、Googleはユーザー向けのサービスを無料で提供し、多くのユーザーに利用していただくことで、そのメディアを活用して企業から広告費という形でお金をとります

そのためGoogleはより多くのユーザーに利用してもらうために自社サービスを日々よりよく進化させています。

その中でもGoogleの根幹のサービスが「Google検索」です。

そして「Google検索」のノウハウを活用しているのがGoogleアドセンスとなります。

Google の検索技術を活用

AdSense の基盤となっているのは、Google 独自の検索技術とページランク技術です。これらの技術によってウェブページのコンテキストやコンテンツが認識され、ページと Google の広告が正確に組み合わせられます。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Google社の説明にも書かれている通り、アドセンスの基盤技術としてGoogle検索の技術を取り入れています。

具体的には皆さんのページのテキストや画像などのコンテンツ情報をGoogle側が機械的に認識することで、どのようなサイトか把握をして、サイトのページにあった広告を表示することができます。

Googleアドセンスで表示される広告がみなさんのサイトに内容に違和感なく感じられるのはこの技術があるからです。

ユーザーの関心を惹きつける広告の掲載

ユーザーの関心を惹きつける広告の掲載

ページの文章や画像に応じて広告の出し分けを自動でしてくれるという技術を紹介しましたが、Googleでは更に、検索キーワードに合わせて広告の出し分けもしてくれます。

ユーザーの関心を引き付ける広告を掲載

Google AdSense では、ページのコンテンツと検索向け AdSense のクエリにターゲットを絞った、テキストと画像からなる見やすい広告が配信されます。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleの説明にも書いてある通り、Googleサーチコンソールを活用するとどのような検索クエリでサイトをGoogle側が認識しているのかがわかります。
その検索クエリに応じてユーザーの興味関心にあった広告を出してくれます。

実際にGoogleサーチコンソールの画面を見てみると、検索パフォーマンスのタブを押下すると、対象期間におけるクリック数やサイトの表示回数などを見えることができます。

引用:Google Search Console
引用:Google Search Console


更に画面の下の方にスクロールすると、クエリという項目で、どのような検索キーワードでサイトが表示されたのか、クリックされたのかということがわかります。

引用:Google Search Console
引用:Google Search Console


Google側がどのようにサイトを認識しているかということはアドセンスの収益化を最大化するという観点でも非常に大切なことですので、是非どんどん活用をしていきましょう。

Googleが教えてくれるGoogleアドセンスの収益最大化の方法はこちらです。

ターゲットに絞った広告掲載

ターゲットの絞り込み

Googleでは広告を掲載する際に、キーワードを指定したり、掲載される場所を指定して広告を配信することが可能となっています。

もしみなさんが広告を掲載する立場に立って見て少し考えて見てください。

例えば自動車関連の会社でプロモーションを担当されており、ある車の購入促進のプロモーションを企画されているとします。

その場合、より効果を高めるためには、車に興味のある人に対して、車を購入しようと思っている人に対して、広告を配信したいと思いますよね。

この時に利用するのが、「自動車購入」や「自動車見積もり」などキーワードに絞ったターゲット配信や「車関連のサイト」など車に興味を持った人が多く訪れるサイトに絞ったプレースメントターゲット広告です。

ターゲットを絞った広告掲載

キーワード ターゲット広告に加え、プレースメント ターゲット広告を活用できます。プレースメント ターゲットでは、ページに適合するインプレッション単価の広告が配信されます。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleの説明にも記載されており、更にプレースメントターゲット広告においては、ページにあった広告単価も自動的に判断して、表示してくれます。

望まない広告の除外

サイトを運営しているとこの広告は表示させたくないなと感じることありますよね。

例えばあなたがある自動車メーカーのサイトを運営している場合、他社の自動車広告が表示されていたら、表示されないようにしたいですよね。

Googleではサイト運営者が入力したデータに基づいて広告のフィルタリングを行ってくれます。
また、そもそもページにそぐわないと感じる広告に関しては、ページのコンテンツや検索クエリから掲載されにくくしており、これらの技術を活用することで、適していない広告は除外をしていくことができます。

望まない広告を除外

Google が、編集チームによる審査、フィルタリング技術、お客様からの入力データを組み合わせて、お客様に適した強力なフィルタリングを行います。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ


Googleの説明にも記載されており、サイト運営者にとって利用しやすい仕組みがされています。

利用が簡易

サイト運営者にとってアドセンスを利用しやすい要因として個人的に一番かなと思うのは利用が簡単であることです。

私はサイト運営初心者の状態でGoogleアドセンスを開始しましたが、作業自体も簡単ですし、多くの情報がネットにのっており、1つ1つの作業ベースで丁寧に記載していただいている記事もたくさんあるため、迷うことなく対応することができます。

多くの方が利用しているということは情報も多く集まるため、特に初心者の方はアドセンスから始めるのが始めやすいと思います。

すばやく簡単に利用開始

AdSense のご利用手続きは簡単です。お客様側で技術担当者による作業は必要ありません。Google が提供する数行の HTML コードをウェブページに追加していただくだけで、数分でページで Google の広告配信を開始でき、広告収益を上げることができます。

引用:Googleアドマネージャーヘルプ

まとめ

いかがだったでしょうか。

Googleアドセンスは世界有数の企業であるGoogle社が運営していることもあり、様々な技術を駆使して、広告配信のプラットフォームを提供してくれています。

特に初心者にとっては、自動で最適な出し分けをしてくれたり、利用方法が簡単だったりとメリットを享受することが多いと思います。

サイト運営で収益をあげてみたいという方はまずはGoogleアドセンスに挑戦をして見てはいかがでしょうか。