【ブログ初心者必見】ツイッターアナリティクスを活用してブログ運営について考えてみた

ツイッターアナリティクスを活用してブログ運営について考えてみた


こんにちは。yuzu(@yuzu_happysmile)です。

2019年4月にブログを開設して、同時にツイッターを開始しました。
※正確には休眠アカウント担っていたものを再利用しました

ふとはじめたツイッターですが、気がつけば6ヶ月で2,500名以上の方とつながりを持つことができるようのになりました。

実際にブログ運用をしていく中で、ツイッターはメリットばかりで、特にブログ初心者にはメリットが大きいものになります。

今回はツイッターが無料で提供している分析ツールであるツイッターアナリティクスを活用して、ブログ運営について考えてみたいと思います。

Twitter(ツイッター)とは

ツイートとは

「ツイート」とはTwitterにテキスト・画像・動画などを投稿することです。

1回のツイートは140字までとなっており、日本では「つぶやき」と呼ばれることも多いです。

リツイートとは

気に入ったツイートを自分のタイムラインに流すことができる機能です。

この機能があることで一気にツイートが拡散されます。

リプとは

リプとはリプライの略語で他の方のツイートに関して、返信をすることです。

ツイッター始めた当初に、私が興味があることやすごいなと思ったことなどに素朴にコメントをした時に、「リプありがとうございます」と返信が来て、「リプとは何だ?」となりました。

Twitterのログ分析

ツイッターアナリティクスとは

ツイッターアナリティクスとはツイッターが無料で提供しているツイッターアカウントの分析ツールです。

ツイッターを利用しているユーザーならどなたでも活用できます。

ツイッターアナリティクス
ツイッターアナリティクス

ツイッターアナリティクスは、パソコンからツイッターにアクセスしてもっと見るからアナリティクスを選択すると見ることができます。

普通にツイッターを楽しんでいる人はほとんど目にすることはないかと思いますが、ブログ運営をされている方は、ツイッターを活用することでブログ運営にいかせることが多いです。

様々な分析結果をまとめているので、ご覧になってください。

パソコンからのみ閲覧ができるものなので、ご注意ください。

インプレッション数 / ツイート数

インプレッション数とツイート数
インプレッション数とツイート数

ンプレッション数ツイート数が上図です。
インプレッション数とはユーザーがTwitterでツイートをみた回数を表します。

図でまとめてみると顕著にわかりますが、基本的にはツイート数に比例してインプレッション数が増加している関係性にあることがわかります。

4月から6月に向けてはツイート数が増加していますが、これはアドセンス合格と関係があります。

ブログ運営をしている方ならアドセンスをしらない方はいないと思いますが、私はアドセンス不合格が9回続き、10回目にして合格することができました。

合格したのが6月頃で、それまでわからないことがあるとツイーターでツイートすることで多くの方に助けてもらっていたため、ツイート数がそもそも伸びている要因です。

1ツイートあたりのインプレッション数
1ツイートあたりのインプレッション数

1ツイートあたりのインプレッション数をみても400から550くらいの間で推移しており、フォロワー数にはあまり関係なく推移していることがわかります。


半年間で、インプレッション数が高いツイートベスト3はこちらです。

■ベスト1位 25,000インプレッション


■ベスト2位 8,200インプレッション


■ベスト3位 6,600インプレッション

https://twitter.com/yuzu_happysmile/status/1140131123290206208


となっています。
インプレッションの数の観点でみると、フォロワー数というよりはツイートがバズるかバズらないかで伸びていることがわかります。

私の場合は、アドセンス合格に10回も擁したことから、多くの方に興味を持っていただいていたこともあり、インプレッション数が増加した要因となります。

あとは、ブログ運営をしている中で、困ったことに対して、相談したツイートのインプレッション数が入っており、ツイッターは本当に優しくいろんな方が相談にのってくれるので、大変暖かいです!!

エンゲージメント率

エンゲージメント率
エンゲージメント率

エンゲージメント率の推移が上図です。
エンゲージメント率とは、エンゲージメント(クリック、リツイート、いいね、返信、フォロー)の数をインプレッション数の合計数で割った率を表します。

ちなみにエンゲージメントとは、ユーザーがツイートに反応した合計回数を表します。

エンゲージメント率は5月以降はほとんど横ばいといった感じです。
1ツイートあたりのインプレッション数があまり変わっていないこともあり、エンゲージメント率も大きくは変わっていないという感じです。

プロフィールアクセス数

プロフィールアクセス数とツイート数
プロフィールアクセス数とツイート数

プロフィールへのアクセス数およびツイート数が上図です。

ツイートの回数とプロフィールへのアクセス数は比例関係にあることが見て取れます。

また5月ごろにプロフィールへのアクセスが多いのは、アドセンス合格に向けてなんども挑戦をしていたため、一体どんなブログを運営しているんだろうと気になって、アクセスをしてもらっていたのではと思います。

フォロワー数

フォロワー数
フォロワー数

上図は新しいフォロワー数累計のフォロワー数の推移を表しています。

私はいわゆるフォロワー数を増加させるための企画は1度もしたことがないものの、6月まではフォロワーしていただいた方をフォロバックしていたため、フォロワー数が伸びていきました。

7月以降は全てのフォローしていた人がわからなくなってきたため、無闇矢鱈にフォローバックすることをやめたこともあり、フォロワー数の伸びが緩やかになってきています。

ただ、インプレッション数やプロフィールアクセス数がフォロワー数に応じて伸びてきていることはなく、全てのフォロワーさんがアクティブな訳ではないのではないかなと感じています。

リンクのクリック

リンクのクリック
リンクのクリック

ツイートに貼ったリンクのクリック数の推移です。

6月以降にリンクのクリック数が増加していますが、こちらは6月以降からアドセンスに合格したので、記事を作成したらブログへアクセスしてほしいなという思いから、記事を作成したらリンク先をツイートするようにしています。

ブログ全体の流入数を後ほど紹介しますが、ブログ立ち上げ初期はツイートからのアクセスやプロフィールからのブログへのアクセスが、ブログへの流入の主流となります。

モチベーションを保つ意味でも誰かにみてもらえているのは心の支えになるので、ツイッターはブログ的にも精神的にも支えとなります。

ブログ流入数

流入数の推移

SNS流入数とツイート数
SNS流入数とツイート数

ツイッターからの流入数ツイート数を上図にまとめています。

ツイッターから流入数はツイート数に比例している形で、ツイート数が7月から減ったことに応じて、ツイッターからの流入数も下降気味となっています。

SNS流入数と流入率
SNS流入数と流入率

ツイッターからの流入数流入率を上図にまとめています。

グラフからもわかるように、ブログ立ち上げ当初はほとんどがSNS流入となっており、記事を書いてみてくれているのはフォロワーさんがほとんどでした。

流入率に関しては、4ヶ月目ぐらいから検索流入数が増加してきており、徐々にSNS流入の比率が現象してきている感じです。

SEOが弱い間はほとんどがSNS流入であるため、誰にもみてもらえずモチベーションが続かないという方は是非、ツイッターを初めてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブログ初期は特にSEOが弱いことからもツイッターを活用することで、流入数を確保することができます。

また、ツイート数に応じてインプレッション数や流入数が増加するため、適宜ツイートを楽しむ事で、ブログ運営にも繋がるため、是非活用してみてください。